負ける原因は自分の中にある パート2【FX大阪友の会】

前回は損切りについて書きました。
こちら

今回はポジポジ病です。

以前の私もそうでした。
ポジポジ病になる要因は早く稼ぎたい、いっぱい稼ぎたい。

でもFXってここが矛盾してるんですよね。
これも常勝トレーダーの人いわく、待つ!
とよく言いますよね。

負けている人は、「たくさんポジションを取ったらその分たくさん稼げる!」
勝ちトレーダーは「きっちり待って簡単に取れるとこだけ取る」といった感じなんですよね。

私は以前、ポジションを持たないことの方が機会損失だと思ってました。
というのは

ちょっと難しいところを予想して、思った方向に動いた。
あぁ、エントリーしとけば稼げたのに・・・

仕事中にチャートを見ていたり、
エントリー出来ない状況でチャートを見ているとこういうのってよくありますよね。

だからこそ、兼業の人は特にじっくりとFXに向かう時間もないし、
概ねチャートを見ているときは当たっているから、
実際にポジションを持てば稼げるだろうと思うんですよね。

でも、実際にエントリーすると負けてしまうんですよね。
チャートやインジケーターのすごいところは過去の動きを見るとほぼ勝てる感じになってるということなんですよね。

上昇トレンドでダウを築いていて、あぁダウ理論成立だから上がってるんだとか逆にここで高値更新出来なかったから反転したんだって

でも、リアルのチャートではそこから上昇するのか反転するのかはわかりにくいですよね。
だから中途半端な所で入って負けてしまうんですよね。

ポジポジ病でも全然いいんだと思うんだけど、
そのエントリーに根拠があるのか考えてから入るといいと思います。

負けているトレーダーは値動きを見て「あっ!チャンスだ!」と思って飛び乗り、
利確するポイントも損切りするポイントもエントリーしてから考えるから、
ずらしてしまったり利確も妙に引っ張ったりして逆に損になったりするんですよね。

でも、勝っているトレーダーはレジサポなどのラインを引いて
このラインに来たらエントリーして損切りはここ、
利確ここってある程度決めてるんですよね。

これが大きな差だと思います。
だから負けトレーダーは飛び乗りのポジポジ病だし
勝ちトレーダーは「待つ!」って言うんですよね。

先ほどの機会損失の話しだけど
私が思うに、通常はエントリーしなかったことによる儲け損ないの事を言うんだけど
FXに関してはポジポジ病によって損を膨らますことが、時間の機会損失なのかなと思います。

毎日3,000円勝つ人と負ける人の差は20日で12万円ですからね。
じゃぁ次の月12万を稼ごうと思うと毎日6,000円勝たないと追いつかない。
こういう風にして無理して負けがかさんでいくのかなと思ってます。

もう一度ゼロに戻って、どんな金額でもいいプラスで終わらせる意識をつけてください。
そうすれば最初はしょぼいかもわかりませんが、複利で徐々に稼げますから・・・

世間ではFXって一攫千金みたいなイメージがありますが、私は意外と地味にコツコツ
複利で稼いでいくもんなのだなー って思ってます。


----------------------------
今日もみなさんにとって良い一日を!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(*^^)
↓ ↓
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


投資ランキング


FX LINEグループ仲間募集 詳しくはクリック

----------------------------
フェイスブックページはこちら
↓ ↓

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306
336 x 280 – レクタングル(大)0306

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306