FXにおけるメンタルなパラダイムシフト 思考を変える

昨日は一昨日の大連敗もあり、ちょっと大人しめにトレードしていました。
トータルは勝ちでほぼ日当稼ぎました

個別指導していただいた方とメールをしていたのですがその中で

FXは利益を求める投資方法だと思ってるでしょ?
それが違う
損をいかに最少で抑えるかが勝つ秘訣なんだ。

とメールをいただきました。
負け組の視点から考えると納得できないところがあります。
思考がマイナスからのスタートだからそう考えてしまうのかトレードは勝つために稼ぐためにする。
どちらかというと勝率よりpipsを出来るだけ残す、だから利益を引っ張る。
というのが頭にある。

でも、FXの勝ちトレーダーのブログなどを見ると損をいかに減らすかが大切と書いてます。
もちろん、勝ち組の方が言っているんだから正解とはわかっているのですが身体がわかってないので、リアルのトレードではついpipsを引っ張ろうとしてしまう。

ここをどう理解したらいいのか。
毎日負けなければいいプラス0.1pipsでもそれを積み重ねていけば、複利で増えて行くというのも理解はしている。
でも、0.1pipsより1pipsでしょ、って思ってしまう。

この思考を変えるには新しいパラダイムシフトが必要だと思う。
パラダイムシフトとは見方を変えるということ

paradigmshift
この絵が有名なお話し
この絵は「7つの習慣」に載ってるパラダイムシフトのわかりやすい例。

第一印象で
若い女性と思い込んだらそのようにしか見えなくなる。
老婆と思いこんだらそのようにしか見えなくなる。

実は良く見ると両方見えるのだ。

思考とはこういうものなんだ、どちらにも見え見方が違うのだ。
いったん思い込んでしまうとそのようにしか見えなくなるから先入観は恐ろしい。

いま自分は正しく見ているだろうか?
先入観にしばられていないだろうか?

この辺りの思考を変えてみようと思う。


----------------------------
今日もみなさんにとって良い一日を!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(*^^)
↓ ↓
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


投資ランキング


仮想通貨LINEグループ仲間募集(無料)詳しくはクリック

----------------------------
フェイスブックページはこちら
↓ ↓

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306
336 x 280 – レクタングル(大)0306

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306