2月23日のトレードの振り返り(コツコツ)

初っ端のトレードをなんと豪ドル円でやりました。
9:30の指標で大きく下げ、戻ってくるところを少し獲れたらいいなと思って入りました。
3~4pipsくらいは戻るだろうと思っていたのですが、なかなか戻らず決済。
100ロットで入ってたので、ちょっと恐さもありました。

その後はいつも通りのドル円

お昼から夕方までは食の展示会を見に行ってたのでノートレード。
17時頃に戻ってきて再度トレード開始。
18時過ぎに終了しショボイけどこの日のトレードは終了しました。

夜は別口座でプライスアクションの練習
これも普段のトレードと一緒なんだけど、損失に膨れたときにいかに早く損切りするかがポイントと思いました。
-6.7pips負けるまでは10pipsほどプラスだったのに、一気に損失に行くのは積み重ねたものが崩れるので辛いですね。
だからこそ、早く切って痛みを軽くしないと
あと、ロットが少ないので、利を引っ張ろうと何度か試みましたが、マイナスに行ったり、建て値付近に戻ったりで結局最初の思ったポイントで切る方がいいなと思いました。
一瞬で3pipsくらい逆行したりしたので、さすがに勿体ない。

こういった練習をしていてると得るものは沢山ありますね。
それを本チャンで活かしていければと考えてます。

私のFXでの感覚は動画や教材、本などを見て勉強することはもちろん大事ですが、そこに血は通っていません。
どういうことかというと、チャートは常に動いてます。
陽線のローソク足を作るにしてもジワジワと上がって出来た陽線なのか、一気に上がって出来た陽線なのかというのが止まったローソク足を見てもわかりません。
生でみてるからこそわかる相場の状況

また、実際にお金を投資しているからこそわかる、ドキドキ感であったり恐怖感。
そういうのはやはり勉強では身につくものではありません。
実弾を投入して始めてわかることです。

以前から言っているようFXは技術職です。
コンクリートに釘を打つにはハンマーを真っすぐ振り下ろさないといけない。
頭ではわかっていても、身体がその知識を覚えないと意味がないのです。

そして臨場感
テレビでライオンを見てもさほど恐いとは思いません。
でも、アフリカの草原に行き、ライオンとの距離2mだったら自分のする呼吸、心臓の音でさえうるさいと感じ恐怖をいだくと思います。
そういったカラダで覚えることっていうのがFXには大事かなと思ってます。


----------------------------
今日もみなさんにとって良い一日を!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(*^^)
↓ ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村



【FXスキャルピング ブログランキング】



----------------------------
FX大阪コミニティはFXの勝ち方、手法だけでなくメンタルのコーチングなども勉強会と併せて開催していきます。
FXスクールやFXセミナーとはまた違ったトレーダーの輪が広がるのが目標です。
----------------------------
フェイスブックページはこちら
↓ ↓
スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306
336 x 280 – レクタングル(大)0306

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306