FXの勉強って何をしたらいいのか というあなたに

日々、チャートを見てトレードして、でも勝てない・・・
だから本を読んだり動画を見たり、情報商材を買って聖杯を探したり、もっと楽に勝つ方法は無いかと自動サインツールを買ってみたりと色々暗中模索するんですよね。
以前の私もそうでした。

本を見てしっかり勉強すれば勝てるもんだと
または勝ってる人の教材を買って同じようにすれば勝てるのだと・・・

でも実際はと言うと勝てない・・・

私はここで疑問を感じました。
負けてる人が9割の世界です。
でもFXをやり始めたほぼ全員が最初は本を読んで勉強しているはず
なのに9割が負けるって 本って正しくないんじゃないかと・・・

この頃に思ったのは本当に勝ってる人なんているのかなって思ってました。
何を勉強するのが正しくて、どうやって勉強すれば勝てるのかすらわからなかった。

だって私以上にかしこい人がいるし、私以上に勉強している人だって山ほどいる。
なのに勝てない人が大勢

すごい世界ですよね
勉強したら努力が報われる世界ではないのですよね

これって事業にも似てるんですよね
必ずしも努力、人より働いてる経営者が倒産せず生き残れるわけでは無いんです。
ここで欠けているなと私が思うことがあります。

それが今の時代に合っているかと正しい方向で勉強(努力)するということなんです。
インターネットショッピングで例えると以前はパソコンで購入する人をターゲット(お客)と見てました、それが時代がすぎ携帯電話にガラケーへの対応、そして今はスマホの時代、購入者の8割はパソコンでは無くスマホになってきてます。

それをもしターゲットはパソコンだと思いこみずっとパソコンのホームページを必死に勉強し作り続けてたら、今は生き残っていません。
ライバル社にお客様を持っていかれます。

FXも同じです。
正しい方向に勉強しないと勝てないです。
もちろん本に書いてることは正しいことです。

いわゆるパソコンのホームページの作り方と同じ?
行ってることは正しいが勉強している方向が違うんです。

ではFXは何を勉強したらいいのかということなんですが
私が思うにFXはまず技術職ということ
このブログでは何度も書いてますが野球と同じ、相場も人が絡んでいるものなので毎回同じように見えるチャートでもその時の時勢や景気その日の指標によって変わってきます。

だからカーブはこう打つと書いていても実際打ってみると打てない
カーブはこういう風に曲がってくるからこう打つという説明は出来るが曲がり方こそピッチャーによって個性があるので一概には言えない。
FXも同じ、上げ相場で押し目を買う。
もちろんわかってるが、どこが押し目なんかはその日、その時じゃないとわからない

これはずっとチャートを見てきた経験からしかわからないものがある。
それを3カ月、半年勉強したからって勝てるわけないのである。

一人前の技術職になるのに何年かかる?
医者であれば大学で勉強して4年、実践に出て3年くらい?
年収1000万円以上取るのに7年の努力がいる。

でもFXはというとサラリーマンが片手間に勉強し1年や数カ月で月100万円取るなんて滅多な話では無い。
もし仮にあったとしたらそれはニュースだ
だからこそ、そんな人が本を出したりするのだ。
滅多にないから本やニュースになる。
日々誰もが日常におこれば本やニュースにもならない。

グダグダと書いたが勉強は過去の検証
これが一番だ
過去の検証と行っても過去チャートの検証では無い
自分のトレードの検証だ。

なぜこの時エントリーしたのか決済したのか
この検証作業を徹底的に行う
すると自分のクセというのが見えてくる。
そこで自分の強いエッジを探しそこに磨きをかけて行く。

よく言われるトレードノートつけている?
本読むだけなんて楽してる証拠
そんな楽して勉強してるフリしても勝てないよ
本当に勝ちたいなら楽を覚えず勉強し(考え)なきゃ
日本の教育って記憶が勉強と思われる節があるからこのへんが誤解を生むよね

自分で考えるこれが一番の勉強になると思う


----------------------------
今日もみなさんにとって良い一日を!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(*^^)
↓ ↓
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


投資ランキング


仮想通貨LINEグループ仲間募集(無料)詳しくはクリック

----------------------------
フェイスブックページはこちら
↓ ↓

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306
336 x 280 – レクタングル(大)0306

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306