8月29日のトレードの振り返り(損切りの理解)

昨日のトレードは朝大きく獲れたぶんと東京仲値でちょっと利が出た分で終了
大きく勝つことができました。

最近、めっきりゲームにハマっているのでそっちの方が楽しくて 笑
オッサンでもゲームハマるんですね・・・

ただ、今月は月初にも言ってたとおり、ヒロセのキャンペーンのウナギが欲しくて別口座でも取引量を稼ごうと思ってまして、昨日はその別口座でシコシコとスキャルやってました。

それで、やってて気づいたのです。
ナンピン手法ですが持っている価格によっては早めに損切りするのもアリだなと
まさしく昨日はそんな状態でした。

例えば
上げ相場だと思い
109円で20ロット仕込みました。(A)
けれど下がってきたので
108.9でさらに20ロット追加(B)

おっと
まだ下がってきたので
108.8でさらに20ロット追加(C)

これで平均アベレージが108.9 60ロット

価格はというと
108.82あたりでもちゃもちゃ
これで1回
(C)だけ108.82で利確

で見てると価格が上がってきそうなので
もう一度
108.82で20ロット追加(D)

価格は108.86あたりなので(B)と(D)を決済
(B)と(D)の平均アベレージなので利益ゼロ

以上をまとめると

残されたのは(A)だけ
現在価格は108.86
利益は初っ端分を利確した2銭(4,000円)

決済分4000円利益
現在価格は108.86円なので(A)から4000円分のロットを引く
20ロットで入っているので1ロット
とりあえず1ロットマイナス決済
トータル利益ゼロ
含み損26,600円?

ここから値が下がってきた(若干の上がりもありながらの徐々に下落イメージ)
なのでナンピン
って感じで数字を入れると頭がこんがらがるので割愛
要はナンピンしながら出た利益を(A)の損失にあてて行くわけなのですが
相場が下がって行ってる以上(A)の損失も膨らんできます。
なのでナンピンで利は出るが(A)の損失に当てても損失を大きく補填出来るほどではない。
さらに下がって(A)の損失が拡大していく

昨日は上の事をやっていた最終(A)20ロットを10ロットまで減らしたが相場も下がっているため最終的にゼロにすることは出来なかった。

それで昨日思ったのは
もちろん下げだったので、さっさと(A)を損切りをして売り目線で攻めれば問題ないのだが、目線を急に変えること、それはちょっと難しい。
ならば
適当に上がってきた
最初の108.86あたりで全部切る
もしくは108.82で切る
そして新たに入りなおし、チョコチョコと利を稼いで行った方がトータル利益の回復も早いのではないかと思った。
(A)を残したまま下の方で利を重ねても損失が大きくなってるのでなかなか補てんが出来ない。
昨日のような相場(NY前場まで)だと下値がわからなかった
さらに損失が広がり取り戻すのに苦労する。

昨日はナンピンで新たなことに気がつけた
こうやって書いていても読む手には理解しがたいだろうけど、損切がいかに大事かを体験できたいい経験になった。

頑張って一流目指します!


----------------------------
今日もみなさんにとって良い一日を!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(*^^)
↓ ↓
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


投資ランキング


FX LINEグループ仲間募集 詳しくはクリック

----------------------------
フェイスブックページはこちら
↓ ↓

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306
336 x 280 – レクタングル(大)0306

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306