ECB理事会後、ドラギさん記者会見中はスキャル天国

東京欧州はあまり稼げなかったなぁ~
今、改めてチャート見ると9時頃から18時頃までは30pips程度のレンジだったのですね・・・
ECB理事会もありましたしそうなのかもね・・・

というわけで昨日はECB理事会後のスキャルを狙ってました、それもありあまり積極的に通常トレードしなかったというのもあります。
指標後のサクサクトレードは私にとっては鉄板トレードですから。

しかもECB理事会後、記者会見中というのは結構ボラが高い時間も長く美味しいのです。
30分くらいでナンピン入れてだけど30回ほどトレードしてました。
すなわち1分に1回のトレード
ポジポジ病も驚きのトレード回数ですね。

ポジポジ病の人はこのトレード手法覚えたらポジポジ病克服できるかもね。
だってチャンスだと思ったらポジポジしまくったらいいのだもの・・・
結果は割愛しますが、ざっとこんな感じ
お昼のトレードも数回入ってますので・・・

なるべくライングループの人には参考になればといつも履歴を上げてるのだけど、色んな見方があるのだなぁとつくづく思いました。

私の場合は質より量タイプでロットと回数で稼ぐ感じ(スキャル)
デイトレの場合だと小ロットでしかも3回ほどのトレードで同じ利益を出せたとのこと

これだけ聞くとすごい
私が30回ほどのトレードの所、わずか3回しかも小ロット
いいことしか無いような気がしますよね

でも、お互い(スキャル・デイトレ)にメリット、デメリットがあります。
自分に手法が合う、合わないって私はここが大きな手掛かりになるのかなって思ってます。

例えば
ロットを大きくするのはストレス
という人はpipsを稼がないといけない。

市場にお金をさらすのがストレス

という人はロットで稼がないといけない。

ゴールは同じ10万円だとして
10万通貨で100pips取るのか
100万通貨で10pips取るのか

どちらが自分に向いてるかってことです。
もっと目標値を落とすと
ゴールは1万円
10万通貨で10pips取るのか
100万通貨で1pips取るのか

どっちが簡単?
ということになってくるのかなと・・・

いいとこ取りすると結局トレード回数になるのかなと思います。
ロットは小さく、期間も短く
先ほどのゴール1万円で言うと10万通貨で1pips利益をトレード回数10回
これだとやはり勝率の問題も出て来ますので達成しにくいかなと思います。

負けてる人、こんなトレードになってません何か中途半端
徹底的にどちらかに振り切ってみれば勝てる道が見えてくるかもです。

私の場合、スキャルなのでスキャルのいいことしか書きませんが
昨日のように9時過ぎくらいでしたっけ北朝鮮報道によるいきなりの下げであったり一昨日のフィッシャーさんの辞任であったり
ああいうのがあるとドンといきなり下げてきます。
そしてちょうど今、北朝鮮問題でとても神経質です。
良い方の突発的なものはあまりにも少ないですが・・・

そう考えると私の場合ロットより市場にお金をさらしてる時間は少しでも短い方がいいと思ってます。

考え方、手法は人それぞれ
結局は同じゴール目指しているので勝てれば何でもいいのです 笑
負けてる人は手法ありきではなく、まず自分を知るところからはじめてみてはどうでしょう


----------------------------
今日もみなさんにとって良い一日を!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(*^^)
↓ ↓
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


投資ランキング


FX LINEグループ仲間募集 詳しくはクリック

----------------------------
フェイスブックページはこちら
↓ ↓

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306
336 x 280 – レクタングル(大)0306

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306