ちゃっち倶楽部のシステムトレードについて私の思うところ

システムトレードについて
私は普段為替のFXを裁量トレードで行っている。
結果は昨年も年間トータル勝ち、今年も月単位で負けたのが1度、トータルは勝っている。

そんな私から見たちゃっち倶楽部のシステムトレードについて感想を書かせていただく。
為替に関して自動売買は一応やっているが懐疑的な見方だ。
自動で放っておいて、それで勝つならみんなやるだろうという思いがあるからだ。
実際に大きく勝ってるというのはほとんど聞いたことがないし、勝ってるのは開発者だけという印象が強い。

ただ、今回のちゃっち倶楽部のシステムトレード(以下VAC)については優位性を謳っており、そこに可能性を感じ入会させていただいた。
結論を出すのはまだ早いが、このシステムは十分に使用者側でも利益が出る。
実際私も最初は設定値を探すのに苦労したが、設定値が決まってからはほとんど負けがない。
ほとんどと書いたのは負けた日が1日あるからだ、その1日というのはロットを大きく上げた日だ。
この手法がいつまで通用するかわからないし、どこまでのロットに耐えうるか知りたかったのでロットを上げてみた。

話しを本題に戻すとどんな優位性があるのだろうかシステムの素人からみた為替との比較
為替のシステムトレードはどのような仕組みで動いているのだろう(売買)
簡単に言えばインジケータを用いて売買をしている。
長短移動平均線がクロスしたらとかMACDが、ボリンジャーバンドになど過去のチャートの動きから未来こうなるだろうと予測し売買している。
しかし、VACのシステムトレードはちょっと違う、インジケーターでもなく、過去の値動きは関係ない。
簡単に言えば価格が早めに動く取引所と少し遅れて動く取引所の差分を取りに行くトレードを仕組化している。
各取引所の出来高で他の取引所が値が釣られて連動するのかというのを狙いに行っているので、為替のEAとは全く違う。

その分、システムの設定値においては無限と言ってもいい。
何秒以内の出来高を見るのか、どこの取引所の出来高を見るのか、どれくらいの出来高を見るのか全て細かく数値を入れて設定していく。
しかも自分が売買する取引所も好きな所を選べる、その選択する取引所により同じ設定値でも勝つ取引所もあれば負ける取引所もある。
第一期生は600名の応募があったそうだが、これら全てが同じ取引所、同じ設定値であれば値を食い合いレッドオーシャン状態になる。
しかし、先ほど言ったように設定値もバラバラ、取引所もバラバラであれば全然今からでも美味しい汁を吸うことができる。
私も天邪鬼なので最初負けてばかりだったので、設定値そのままで逆張りにしたらどうなるだろうとやってみた。
通常、買いという時に売りのボタンを押すことも可能なのだ。
しかし負けた。
そうこうやって何度も何度も検証し今にたどり着いた。
だがこれが正解ではないことも知っている。
日々取引所は流動的に大きく動いているし、ちゃっち倶楽部のシステムトレード以外でもきっとみな数値を研究している。
だから日々検証実験は怠れないのだ。

次回は私が思うVACの優位性について書こうと思う。

—————————-
今日もみなさんにとって良い一日を!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(*^^)
↓ ↓
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


投資ランキング

FX LINEグループ仲間募集 詳しくはクリック

—————————-

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG