6月5日のトレードの振り返り(ゴト日)

6月はじめのゴト日ということもあり、それなりに気合を入れていた。
しかし仲値に近づくにつれ値が下がっていく、ジワジワ上がるのもやりにくいが下がっているとさらにやりにくい。
今日は仲値のドル買いはないのか?と思ってしまう。
確かにゴト日だからと言って必ずしも上がるわけでない。
昨日はそんな感じだったかな、仲値直前にちょっと上がったけど、ゴト日という感じの上げではなかった。
東京時間が終了して15時段階で+4000円
欧州はそれなりに指標があり期待していた。
そこでユロ円をトレードして1pipsをコツコツと稼いでいった。
ここで大きく獲れて18時までで+6万円
NYも指標、要人発言とイベントがたくさんだった。
ちょっと忘れかけていた中途半端な時間のADP雇用者数21:15
これ完全にナメていました。
ちょっと下がったところでトレードし、ナンピン
あれれ、まだ下がるのでひたすらナンピン
結果大きな含み損を抱えること1時間、なんとか耐えて?戻ってきたところで決済。
はぁ、なんども同じこと繰り返す。
一時含み損-60万ほどあった、こんなトレードやったらあかんとわかってるんだけど・・・
じゃぁ、こんな時どうしたらいいんだろう、直後に振り返ってた。
結果的に戻ってきたからOKだけど、戻ってこなかったら?
109円前半でロング入れて、未だに持ってる人もいる、そんな風に当分の間含み損を抱えたまま過ごすのか、さすがに3日以上持つと機会損失も大きい。
今回含み損を抱えてる中、考えてた。
ナンピン入れたわけだけど、最初に注文した値からは25pips以上も離れていた。
もしこれを10pipsで切って入れば、ちゃんと見直さないと完全に覚えてないが、そんなポジションが3つほどあった(50万ロット)。
-10万*3ポジ マイナス30万(含み損)
逆指値10pips切っていれば-5万*3ポジ マイナス15万
もちろん切れていれば新たに入っただろう。
どこで入れたかはわからない、もしかするとビビッて入れないかもしれない
そう考えると切った場合、その分を取り戻せるのであろうか、今回の場合-15万の損失
3つもポジ持てなくて2つだったら8pips取らないといけない。
あのチャートをみるともう一回下がりそうだったので入れないような気がする。

これらをまとめて考えると、含み損の損失は頑張って?耐えることは出来るが、もし切った場合、新たにポジを持てるのだろうか?
そしてそのポジで損失が出た分取り戻せるほど握力があるのだろうか・・・
ほんと難しい問題だ。

万が一、一方通行に行った場合には切った方が良かったという正解はある。
しかし、現実問題としておおかたのチャートは戻ってくる、そう考えた場合、切らなくて良かったとなる。
切るのが正解という前提はあるんだけど、果たして・・・

もちろんここは改善して行きたいと思うのだが根が深い。
じっくりと考えて行きたいと思う。

とりあえず、なんだかんだあったが昨日の収支は+10万円ピッタリ
2桁乗せれた反省もあったが結果オーライだった。


----------------------------
今日もみなさんにとって良い一日を!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(*^^)
↓ ↓
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


投資ランキング


FX LINEグループ仲間募集 詳しくはクリック

----------------------------
フェイスブックページはこちら
↓ ↓

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306
336 x 280 – レクタングル(大)0306

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
336 x 280 – レクタングル(大)0306