常勝トレーダーになるためには パート3

昨日は常勝トレーダーになる為に色々考えた。

勝ちトレーダーは何をしているのか、自分が知っている勝ちトレーダーの思い浮かんだことを書いてみる。

自分のトレードする通貨を決めている。
手法は基本1つ
トレードする時間を決めている。(東京時間のみなど)
必ず、自分が決めたラインまで待っている。
レートを追いかけない。
損切りを淡々としている。(負けトレーダーはあぁやってもうたって感じ)
資金管理に関しては人それだと思います。

そんな中、昨日書いたパラダイムシフトどうやったら変えられるのか方法は色々あると思うが私は以前、自己啓発で学んだ方法でやりたいと思う。

その時は学ぶ前だったのだが、学んだ後にそう言うことかととても納得出来た。
私の体験をお話しします。

私は昨年11月に健康診断を受けると、血糖値が高いから専門病院で診てもらいなさいと言われ専門病院に行った。
するとかなり重度な糖尿病と言われた。
入院してもおかしくないくらいひどいと言われた。
正直、身体はよく疲れるなとは思ったが、実感はほとんどない。

そこで、まずは薬の治療と食事、運動をしなさい。と
毎月、病院に来て定期的に数値を見ますと言われた。

糖尿病で恐いのが合併症だと、目が見えなくなったりするらしい、また悪化するとインスリン?という注射を定期的に打たないといけないとテレビでも見たことがある。

その時に思った、日々仕事も頑張っているのは自分の夢を叶えるためだ、FXもそうだ。
簡単に言えば美味しいもの食べたいし、あちこち旅行にも行きたい

だが、糖尿病になったら成功してもそれが出来なくなる。
それだけは許せない。

だから、その日から出来ることをした。
食に関してはよく夕方にシュークリームとか食べていたが、お菓子も食べるのを極力控えている。
運動について、糖尿病になる前でも走らなあかんなー と思っていたが、もちろん走ることはしなかった。

ここでパラダイムシフトが起こった。
食に関して
過去:いつでもどこでも、食べたい時になんでも食べる
現在:将来成功したら、外食や旅行に行ったりして美味しい物をあれやこれやと食べたいので、普段は出来る範囲で制限する。
私的にはこの出来る限りというのがミソだと思う。完全に断ってしまうとストレスになる。

運動に関して
過去:そりゃ、健康を考えたら走ったり運動した方がいいだろうけど、別に今病気じゃないし、それなりに健康だからしなくても・・・
現在:将来成功した時、旅行、外食なんでも好きな事を制限なくしたい、だから健康であらなければならない。

と完全に意識が変わった。

人は痛みを避けて快楽を得る

と言われている、何を痛みとしてとらえ、何を快楽としてとらえるのかはほとんど無意識でやっている。

人それぞれ痛みと快楽に連想するものが違う。
運動する人としない人は何が痛みで何が快楽なのか
タバコを吸う人と吸わない人は?
仕事をがんばる人とがんばらない人は?

このようにFXのトレードにおいてもルールを守らないことによって何が痛みで何が快楽なのか考えてみよう今までのFXトレードにおける痛みと快楽
痛み
自分が思うままのところでポジション持てない
資金が早く増えない

快楽
自分が思ったところでポジション持ったら勝った(こんな感じでどんどんいけるかも)
利益を引っ張れた
俺はトレードしている

私の思考はこんな感じだ。
では勝ち組と言われる思考を考えてみよう

痛み
資金が減って行くのが痛み(きちんと損切り)
長時間のトレード

快楽
毎週毎週、資金が着実に増えている。
ルールを守ると、こんなに簡単に勝てるんだ(勝っている人はFXは簡単という)
自由な時間がたくさんできる

こんな感じかな・・・
だから、私も利を増やすというより損をいかに減らすかを考えてやってみようと思う。

今日は雇用統計、みなさんはどうするのかな
私は終わって落ち着いたところからちょこちょこと獲っていこうと思ってます。

—————————-
今日もみなさんにとって良い一日を!

ランキングに参加しています!
応援よろしくお願いします(*^^)
↓ ↓
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村


投資ランキング

FX LINEグループ仲間募集 詳しくはクリック

—————————-

スポンサードリンク